スポンサーリンク

家を買うきっかけ(和光の家編 1)

どもっ!

家を買うきっかけとタイトルにしていますが、もともとずっと賃貸暮らしは嫌だったのと、どちらかと言うとマンションよりも一戸建てに住みたい。そんな願望があって必然的な流れで今回の計画は進んで行きました。それでも少し家を探しては面倒くさくなって長い休息期間を挟んだり、すぐ気持ちが萎えてしまう感じで時間が経っていました。

そんな時に我が家のマンションに近くの新築分譲地の広告チラシが入っていて、建築会社を見ると大阪市内で建売や売建、注文住宅も手がけている亀がトレードマークの『和光の家』

大阪市内の注文住宅・新築一戸建てなら【和光の家】|和光グループ本社
大阪市内の注文住宅・新築一戸建てのことなら、地元で35年以上の実績を持つ「和光グループ」へお任せを。都市型住宅・デザイン住宅の設計・施工実績の数々をご覧下さい。大阪市内ならではの「制約」下であっても、間取り・外観・内装など家づくりのご要望を叶えます!住み替え・リノベーション・住宅ローンもご相談下さい。

と言う会社の分譲地で、以前に別の場所でこの会社の建築途中の家を見かけたこともあって知っていたのと、チラシにモデルハウス見学会実施中、ご自由にお越し下さいなんて書いてあったこともあり、サッと見て帰るつもりで予約もせずに週末に家族で見学に行きました。

そして分譲地に行ったのですが、プレハブの事務所建物はありますが一瞬で誰も居ないことがわかるくらいに静かで閑散としていました。モデルハウスも建築途中の建物が1棟あるだけでガラ〜んとしています…。

広告チラシも持って来ていなかったのでどうしようかと迷っていたところ、目にはいった立看板に電話番号が書いてあったのですぐに電話をかけました。するとその番号は本社の電話番号だったらしく、急いですぐに応対ができる営業の人をまわしてくれました。

その後、まもなくして営業さんが車で来てくれた訳ですが、この分譲地のモデルハウスは見ての通りまだ全然完成していないということで(新規分譲地で早々に広告を出していたみたいです)、近くに別の完成したモデルハウスがあるということなので、そこへ見学に連れて行ってもらいました。

この時に行ったモデルハウスは外観こそ建売の雰囲気が出ていましたが、中に入ると坪庭があったりと部屋の造作や内装は建売のそれっぽく無くていい感じでした。和光の家は同じ建売でもコンセプトハウスを主に建てている会社と言うことで好みが分かれる所はあると思いますが、僕的にはいい感じでした。しかしその価格が、

高いっ!

建売で4000万円越えは一般庶民にはキツイ!土地が高い大阪市内やからしょうがないことが分かっていても、

高いっ!

とそんなことを思いながらも和光の家の営業のFさんと連絡先を交換して、ここから数ヵ月間に渡り和光の家の建売モデルハウスや土地見学に連れて行ってもらうようになりました。

ではっ!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)